北朝鮮-1


2024.06.13-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240613-ZMJKIOE2IBLZFM35TSRNMHK7KE/
北朝鮮から亡命した男性、金正恩氏を国連安保理で批判 「強制支配は長く続かない」

  【ニューヨーク=平田雄介】北朝鮮から亡命した元外交官志望の男性が12日、国連安全保障理事会に出席し、中国・北京への留学時代に北朝鮮の多くの国民が飢餓や弾圧に苦しむ実情を知り、祖国の変革を夢見たという体験談を語った。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党総書記が国民の生活を犠牲にし、核・ミサイル開発を進めているとして、「強制支配は長く続かない」と批判した。

  男性はA氏。今月の安保理議長国・韓国が、日本や米国、英国と共に要請した北朝鮮に関する会合で演説した。中国とロシアは冒頭、中止を求めたが、開催を支持する国が圧倒的多数を占めた。
  演説によると、A氏は北朝鮮のエリート一家に生まれた。幼いころから「特権的な生活」を送り、金日成総合大学に進学した。 外交官を目指して19歳のときに留学した北京でインターネットを利用し、北朝鮮が「世界中から羨望される国」ではなく、飢餓や公開処刑から命がけで逃れようとした国民を弾圧する政治収容所を持つ「独裁者が支配する国」だと知った。
  A氏は留学生仲間と議論し、国民が「恐ろしい真実」と「民主主義や基本的人権」を知れば、北朝鮮に「新しい社会を作ることができる」と励まし合った。だが、北朝鮮当局に見つかり、A氏は逮捕を逃れるため韓国へ亡命した。
  それ以来12年間、A氏が家族と連絡を取れたことは一度もない。友人や知人は北朝鮮当局の報復を受けたと聞いた。「私だけが豊かな自由を生き延びた事実に苦しんでいる」と、声を詰まらせながら語った。 それでも、A氏は「祖国を変えることをあきらめられない」と語った。金正恩氏は「冷酷な弾圧と核兵器への注力は指導者の地位を維持する方法ではない」と知るべきだと訴えた。
  他にターク国連人権高等弁務官も演説し、北朝鮮は「国民を強制労働させ、賃金の最大9割を押収している」と報告。「北朝鮮の人権状況と軍事化、国際平和と安定の問題を切り離して論じることはできない」と指摘した。中露は「切り離すべきだ」と主張した。


2024.05.30-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240530-WEXBPMPQINJ57I6YZI5VKTOGXU/
北朝鮮が日本海へ弾道ミサイル発射 種類や飛距離など分析 韓国軍

  【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部は30日、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したと明らかにした。北朝鮮は27日夜に弾道ミサイル技術を使った軍事偵察衛星の打ち上げに失敗したばかりだった。

  韓国軍が30日のミサイルの種類や飛距離などの分析を進めている。


2024.05.29-産経新聞(KYODO)-https://www.sankei.com/article/20240529-3IC2QVY7TVPABK4SGQFZLWYXYI/
韓国への汚物風船で北朝鮮の金与正氏が談話「批判ビラに対抗」

  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正党副部長29日夜、韓国への汚物風船に関して談話を発表した。韓国側から北朝鮮の批判ビラが飛ばされてきたことへの対抗措置だと表明した。韓国の団体が北朝鮮の体制を批判するビラを風船で飛ばし散布してきたことに関し、北朝鮮は韓国政府が制止しないことに強く反発していた。

  韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が28日夜から、大量の大型風船を韓国側へ飛ばしていると発表。各地で260個が確認され、取り付けられた袋に汚物やごみが入っていた。
  談話は、ビラの散布行為を法律で禁じることが「表現の自由を過度に抑制する」とした昨年の韓国憲法裁判所の司法判断を念頭に、韓国側に汚物を散布することも「表現の自由だ」と主張した。
  韓国軍は高速道路などに落下すれば大きな被害が出るとして「北朝鮮の行為は国際法に違反する」と中止を要求した。(ソウル、北京 共同)


2024.05.28-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240528-TTRSBDUM6JIEZLSR3GQYEGLIDY/
北朝鮮「新型ロケットが空中爆発」軍事衛星失敗即座に認め、液体酸素+石油エンジンに問題

  【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日未明、国家航空宇宙技術総局27日、軍事偵察衛星「万里鏡(マンリギョン)1-1」を新型衛星運搬ロケットに搭載して北西部、東倉里(トンチャンリ)の西海(ソヘ)衛星発射場から打ち上げたが、失敗したと伝えた。エンジン部分に問題があり、1段目ロケットの飛行中に空中爆発したとしている。

  韓国軍は、北朝鮮が27日午後10時44分ごろ(日本時間同)、偵察衛星を発射し、約2分後には北朝鮮側の海上で多数の破片として探知されたと発表した。北朝鮮は発射から約1時間半後には失敗を認めて公表した。
  北朝鮮の同総局幹部は、新たに開発した「液体酸素+石油エンジン」の動作の信頼性に問題があったとし、「その他の原因となり得る諸問題についても審議する」と説明した。北朝鮮は今年中に3機の偵察衛星打ち上げを計画しており、再発射を試みるとみられる。
  衛星打ち上げでは、軍事協力を深めるロシアから技術支援を受けているとされるものの、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記肝いりの計画が見直しを迫られる可能性がある。北朝鮮は昨年、5月と8月に衛星を打ち上げたが失敗。11月の3回目で成功した。
  北朝鮮は27日、6月4日午前0時までの間に人工衛星を打ち上げると予告。27日には韓国・ソウル日中韓首脳会談が約4年半ぶりに開かれ共同宣言で朝鮮半島の非核化に言及した。北朝鮮外務省は「内政干渉だ」と即座に反発。今回の打ち上げは会談をけん制する狙いもあった可能性がある。
  日本政府27日夜、北朝鮮が弾道ミサイル技術を使った発射を強行したと発表。全国瞬時警報システム(Jアラート)で発射を速報し、沖縄県を対象に避難を呼びかけた後、解除した。


2024.05.27-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240527-RLR3FTWPOFOM5IQ45NGYLMEJGA/
北朝鮮が衛星打ち上げ予告 6月4日まで 海域に警報 日米韓、発射中止を要求

  日本政府は27日未明、北朝鮮から人工衛星を打ち上げるとの通報があったと明らかにした。海上保安庁は同日午前0時から6月4日午前0時までの間、黄海とフィリピン・ルソン島東方の海域に航行警報を発表した。

  日米韓3カ国の北朝鮮担当高官は電話協議を行い、弾道ミサイル技術を使用した発射はいかなる目的でも国連安全保障理事会決議違反だとして、北朝鮮に打ち上げ中止を求めると確認した。
  岸田文雄首相は通報を受け情報収集・分析に万全を期し、国民に対して適切に情報提供を行う米韓など関係諸国と連携し、発射しないよう強く中止を求める不測の事態に備えて万全の態勢を取る―との対応を関係省庁に指示した。


2024.05.26-産経新聞(KYODO)-https://www.sankei.com/article/20240526-25XZHQMWIBLT7PIOI5KNBXHGTQ/
北朝鮮、自衛力行使を警告 「韓国が境界侵犯」主張

  北朝鮮の朝鮮中央通信26日、韓国が北朝鮮との海上の境界を侵犯する頻度が増えていると主張し「自衛力を行使することも可能だ」と警告するキム・ガンイル国防次官の談話を伝えた韓国の団体が北朝鮮を批判するビラを大型風船で飛来させ散布する行為についても「対抗措置を取る」としている。

  談話によると、北朝鮮の「最高軍事指導部」から24日、挑発行為に関し「攻勢的な対応」を取るよう指示があったという。同日開かれた朝鮮労働党の政治局会議でも議題になった可能性がある。
  談話は韓国を「敵」と明記し、海軍や海洋警察の艦船が巡視の名目で「海上の国境」を繰り返し侵犯していると指摘ビラ散布に使う大型風船は軍事的手段にもなるため「危険な挑発だ」としたほか、米韓の偵察機による北朝鮮の監視活動についても周辺地域の緊張を高めていると批判した。(共同)


2024.05.17-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20240517-7GPGIJOZURIQHJYPFWTYZYJIAU/
<速報>北朝鮮が弾道ミサイル発射 韓国軍発表

  【ソウル=時吉達也】韓国軍合同参謀本部17日、北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイルを発射したと明らかにした。ミサイルの飛距離や種類の分析を急いでいる。北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、4月22日以来


2024.05.08-産経新聞(KYODO)-https://www.sankei.com/article/20240508-2MVJCPHZTFLH5LJI3UZFR7GT44/
北朝鮮の党重鎮、金己男氏死去 3代体制支える

  北朝鮮の朝鮮労働党副委員長や党宣伝扇動部長を務め、故金日成(キムイルソン)主席の時代から3代にわたり体制を支えた重鎮金己男(キムギナム)氏が7日に多臓器不全で死去した。94歳だった。朝鮮中央通信が8日、訃告として伝えた金正恩(キムジョンウン)党総書記が8日未明に弔問した。金正恩氏を葬儀委員長とする国葬を執り行う。

  金己男氏は、2011年の金正日(キムジョンイル)総書記の葬儀・告別式で、ひつぎを乗せた車に付き添った中枢メンバーの一人
  1929年、東部江原道元山で生まれ、51年に金日成総合大学の教員に就いた後、60年から党中央委員会の科学教育部などで勤務。85年から党の宣伝扇動部門の要職を歴任し、最高人民会議(国会)代議員も務めた北朝鮮で最高の栄誉とされる金日成勲章と金正日勲章を受章しており、晩年は党顧問を担った(共同)







このTopに戻る






monomousu   もの申す
TOPにもどる
最近のニュース
ここは2024年05月~のニュースです