独占禁止法問題(公正取引委員会)-1



2022.06.17-スポニチ SuportAnnex-https://www.sponichi.co.jp/society/news/2022/06/17/kiji/20220617s00042000030000c.html
食べログ「独禁法違反」認定 優越性乱用、店の評点下落 3840万円の賠償命令

  飲食店情報サイト「食べログ」評点を不当に下げられ客が激減したとして、焼き肉チェーン店を経営する「韓流村」(東京都港区)がサイトを運営する「カカクコム」(渋谷区)に約6億3905万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、3840万円の賠償を命じた

  評点を決定する「アルゴリズム(計算手法)」を2019年5月に変更した際、チェーン店が下方修正される内容にした部分が独禁法の禁じる優越的地位の乱用に当たると判断した。
  アルゴリズムの妥当性が争われた初の司法判断とみられる。食べログは外食時の店選びに幅広く利用され、1カ月の利用者が8700万人以上に上る影響力を持つ。詳細な内容が非公開となっている評点算出過程は以前から飲食業界で疑問や不満の声が出ており、公正化が求められそうだ。

  林史高裁判長は韓流村にとって「食べログの有料店舗会員でなくなった場合、経営上大きな支障を来し、著しく不利益な要請を受けても受け入れざるを得ない状況だった」として食べログの取引上の優越性を認定した。
  その上で、19年5月のアルゴリズム変更は「優越的な地位を利用し、相手方が不利益になるように取引をしたと言える」として独禁法上の不公正な取引に当たると判断。変更に伴って受けた損害額は21店舗での売り上げ減少額のうち、1カ月当たり160万円の2年分として算定した。

  韓流村側が併せて求めた変更後のアルゴリズムの使用差し止めについては、変更の内容が明らかにされれば消費者もその前提で店を選ぶようになるとして「売り上げ減が今後も続くとは直ちに判断できない」と退けた。
  韓流村は請求が退けられた部分を不服として控訴する方針。カカクコムもホームページ上で「不当な判決と考えている。控訴審で問題点を指摘し、当社の正当性を改めて主張する」と控訴の方針を示した。

  食べログ側はアルゴリズムの変更を「消費者の利益に資する目的があり、評点の変動も当然に想定されている」と主張していた。評点を決定するアルゴリズムは不正な評点操作の可能性を理由に詳細が公表されておらず、今回の訴訟では当事者に限って開示された。
  判決などによると、食べログのアルゴリズム変更後、韓流村が展開する「KollaBo」21店のうち大半で評点が平均約0・2ポイント下落。減少幅が最大0・45ポイントに上った店舗もあり、食べログ経由の客が減少した。


2022.01.26-SankeiBiz-https://www.sankeibiz.jp/article/20220126-JENSAJX7I5JOZG64FB3H3NVFAI/
新規上場の価格設定、過小値付けは独禁法違反恐れ 公取委が見解提示へ

  公正取引委員会企業の新規上場時の公開価格に関し、証券会社が一方的に過小な値付けをするのは、独禁法違反の恐れがあるとの見解を示すことが26日、分かった。昨年から実態把握を進めており、近く報告書を公表する。新興企業が十分に資金調達できる環境の整備につなげる。

  公開価格をめぐっては、市場で売買が初めて成立した「初値」との差が欧米と比べ大きく、企業の資金調達額が少なくなっているとの指摘がある。このため公取委は昨年から、公開価格の設定プロセスについて実態把握を進めていた。





このTopに戻る












monomousu   もの申す
最近のニュース
TOPにもどる