monomousu   もの申す
アメリカと中国-1



2021.07.24-JIJI com.-https://www.jiji.com/jc/article?k=2021072400007&g=int
中国、前米商務長官らに報復制裁 反外国制裁法を初適用

  【北京、ワシントン時事】中国外務省は23日、外国による対中制裁に反撃するための「反外国制裁法」に基づき、米国のロス前商務長官らに制裁を科すと発表した。先月施行された同法が適用されるのは初めて。米中双方による制裁と報復の応酬が加速し、対立が一段と激しくなるのは必至だ。

  バイデン米政権は16日、香港の高度な自治を侵害したとして、中国政府の出先機関である香港連絡弁公室の幹部7人を制裁対象に指定した。
  中国外務省はこれに対し、「対等な対抗措置を取る」と表明。ロス氏や米議会諮問機関の代表、国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」の中国部門トップら計7個人・組織への制裁を決めた。その上で「香港は中国の内政問題だ」と改めて強調し、米国に干渉をやめるよう警告した。


2021.07.13-産経新聞-https://www.sankei.com/article/20210713-TUQZ2WBSGJJ5PDYYUNFSHL7KF4/
中国の「大量虐殺」を初明記 米国務省が議会報告書発表

  米国務省は12日、大量虐殺や残虐行為の防止に関する年次議会報告書を発表し、中国による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」だと米政府として認定したことを明記した。

  ブリンケン国務長官は記者会見で「今年初めて報告書で特定の国の残虐行為を直接、詳細に記した」と説明した。
  報告書は、この1年間の米政府の取り組みを振り返る内容。ポンペオ前国務長官が1月に初めて認定した中国によるウイグルでのジェノサイドと人道に対する罪を、ブリンケン氏も追認した。
  具体例として「投獄、拷問、強制不妊手術、迫害」などを挙げた。米政府は英国やカナダ、欧州連合(EU)とともに制裁を科したと指摘した。(共同)








このTopに戻る









最近のニュース
TOPにもどる
アメリカと中国との問題-2019年~2021年6月のニュースへ
ここは2021年7月~のニュースです